ウォーターサーバーは一人暮らしに必要か

ウォーターサーバーの導入を検討する際には、水の品質や美味しさなどを考慮してえらぶ事になりますが、電気代の安いエコモードタイプのサーバーを無料でレンタルすることが出来たとしても、一人暮らしの場合は更に検討する必要があります。

友人たちと作業をしたりする時間が多かったり、遊びに来る来客が多い生活スタイルの場合は、多人数でウォーターサーバーを使うことが可能となるので、必然的に毎月に必要となる飲み水の量が増えます。

しかし、ほとんど自宅で1人しかいない状態だと、毎月のウォーターサーバーで使用する水の量が限定されてしまいます。

少ない量の水を宅配する契約にすると、ウォーターサーバーのサーバー使用量が別途かかってしまう可能性があります。

そのあたりのコストも全て考慮に入れて、コンビニでミネラルウォーターを買うよりも安くなるかどうかで検討すべきです。

基本的には、4,000円程度飲み水にお金を使っているのであれば、ウォーターサーバーのメリットが生きるのですが、それ以下の場合なら、好きなブランドのミネラルウォーターを近くの店で購入して生活する方法が、コストも安くなるし、ウォーターサーバーの契約の縛りが無いためメリットがあるはずです。

ウォーターサーバーを導入する意味

ウォーターサーバーをご家庭に導入する意味とはどういったものがあるでしょうか。

まずはウォーターサーバーの説明からしていきたいと思います。

ウォーターサーバーとはウォーターサーバー専用のボトルを取り付けるだけで、簡単にしかも安全に水やお湯を出すことのできる機械のことです。

ペットボトルでミネラルウォーターを摂取する時と違うことは、手間が圧倒的に省けるということ。

ペットボトルの場合ですと、まずは冷蔵庫に入れて冷ます、そして飲むときは冷蔵庫から出す、そして飲み終わったらまた冷蔵庫に入れる、と冷蔵庫にも優しくない手順を挟む必要があるのですが、ウォーターサーバーの場合ボトルを一度ウォーターサーバーにセットしてしまったらあとはボタンをひとつポチっとおすだけで、勝手に水やお湯が出てくるのです。

毎日毎日のむミネラルウォーターですので、その少しの手間の違いが、時間で合計すると圧倒的な違いになっていくのです。

しかも、ウォーターサーバーは安全に水を摂取できるように、機会自体に水にhクマれる不純物等を取り除く機能があるのです。

毎日ミネラルウォーターを飲む人でしたら、ウォーターサーバーを導入する意味は非常に大きいと言えるでしょう。