日本人好みのウォーターサーバー

国によって好みの水というものは異なりますが、一般的に日本人は軟水が好みだと言われています。

地理的に日本で採取される水は軟水が多いのですが、ヨーロッパなど海外では石灰岩の地層を通過したミネラル分豊富な硬水が多いので、味の好みも違ってきます。

海外に住む日本人や海外に出店した日本食レストランの多くがこうした水の違いに戸惑うと言われていますが、ウォーターサーバーを選ぶ際にもこうした水の味を考慮することが大切です。

普段水を飲んでいても、あまり水の味というものを意識することは少ないですが、ウォーターサーバーでは水の硬度によって味が驚くほど変わってしまいます。

先程も申し上げたように、日本人は軟水が好みの方が多いですが、味の好みは十人十色なので、普段飲んでいるミネラルウォーターなどを比較しながら、ご自身や家族の好みを知っておきましょう。

また飲料水としてはもちろん、ウォーターサーバーの水は料理にも使用することが出来ますが、お米を炊いたりだしを取ったり、和食には軟水が適していると言われています。

そのためウォーターサーバーを選ぶ際には、まずは味の好み、そしてどのような場面で使用するか考慮して選ぶことが大切です。
参考:ウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーとゴミの問題

これまで、飲み水をペットボトルのミネラルウォーターを購入していた場合、買いに行く手間や、空のペットボトルのゴミが増えてしまう問題点などを考慮すると、飲み水に関してはウォーターサーバーを利用する方がメリットがあります。

ウォーターサーバーは、サーバーを買い取る契約も可能ですが、基本的にはすべてレンタルにして無料で設置してもらうサービスにします。

そして、自分の好きな水を選んで業者に配送したもらう事が可能となるので、飲み水を手配する手間がなくなるのです。

そして、空のペットボトルを業者が回収しに来てくれるサービスや、使い捨てタイプのパックに入れて送ってもらうサービスもあります。

このようにゴミ捨ての手間が省けるというメリットを考慮すると、長期的にウォーターサーバーを利用していけば、大幅にゴミの量を減らせるのです。

そしてウォーターサーバーのメリットの1つは水が美味しいことです。

様々な国で製造されたミネラルウォーターと飲み比べても、国内の天然水は異常に美味しいし、RO水を選んでも不純物を綺麗に取り除き有用なミネラル分を加えることができるので、希望のミネラルウォーターを常時飲む事ができるのです。

このようなゴミの問題などを考えると、飲み水はウォーターサーバーを利用すべきです。